お客生態学◆男と女篇

 焼鳥屋で出会いを求めて、なんてないだろうと思ったら、これが結構あるようなんですね。シングルバーや一昔前のカフェバーじゃあるまいし、と思うんですが。

 カウンターの男性が大将に呟く。「向こうの彼女に梅チューハイと皮を差し上げてくれ。カリッと焼いて欲しい」大将は「はい」とうなづいて女性の前に注文の品を出す。女性は男性の方を向いて、微笑みを返す。「ありがとうございました。この皮、とても美味しい。いつもこの店に来てるの」なんて出会いではありません。

 今治は結構バツイチというか、離婚した男性、女性が多い。その人たちの話を大将が聞いてあげる。お客さんの方も気軽に「だれかいい人いない」なんて頼むんです。大将の方もカウンター越しにその人柄を見てるから、この人にはあの人が似合うかな、なんて考えている。

 ある店で30代後半といった女性が焼鳥屋の大将に冗談ぽく「いい人がいたらもう一度やり直したい。年取ってから寂しいでしょ」。大将、お調子者だから「いい人紹介するよ」というのを見聞。焼鳥屋さんの紹介でつき合いだして、結婚にゴールインした人も知っています。

 焼鳥屋さんの紹介だけにおしどり夫婦になるんでしょうね。毎日、軍鶏みたいに喧嘩してちゃ駄目だけど。

はじめに・・・・
焼鳥日本一宣言 今治ってどんな街
焼鳥屋比較/四国
焼鳥屋比較/全国
焼鳥の歴史 焼鳥の歴史/全国
焼鳥の歴史/今治
今治独自の焼鳥 鉄板焼鳥の謎
せんざんきって何だ?
焼鳥アンケート 今治の焼鳥スタイル
よく行く焼鳥店
焼鳥人気メニュー
いまばりの焼鳥屋 今治焼鳥屋リスト
焼鳥コラム サラリーマン生態学 焼鳥作法 焼鳥屋七つ道具 商売繁昌策 お年寄り生態学 OL生態学   大阪人語る 串道ここにあり  「皮」作り方 「せんざんき」作り方

「やきとり天国」マスコミ取材

「モンドえひめ」に戻る  「やきとり天国」トップに戻る