焼鳥生態学/お年寄り篇

 ここの焼鳥屋、開店してからもう三十年になるかいな。おいさん、若いときからここに来よんのよ。ここが特等席じゃ、おいさんの席。いっつもここに座る。ここが空いてないときは寂しなるわいの。同じもん食べても、旨い、思えんときがある。

 食べるもん。いっつも同じよ。ここの大将もわかっとるけん、あれ言うたらすぐに出てくる。ええ材料が入っとったら、教えてくれるけんな、その時はそれ頼んだらええ。

 三十年ずっと大将を見とるわけよ。大将が機嫌がええか、悪いかがすぐ解るんよ。ほら、見てみ。コテを持つ手の親指。ちょっと立っとるじゃろが。これが機嫌のええ証拠。悪いときは、親指がコテから離れとる。のぅ、ニコニコしとろが。この大将、いっつもブスっとしとるのに珍しいことよ。これもあんたの人徳かもしれん。

 大将や女将さんとは家族同様よ。この店に来るんはおいさんの家に帰るような気分じゃ。

 三十年の間、焼鳥屋と会社と場所は違ごうても一緒に人生を戦い抜いてきた戦友じゃけんな。戦いに疲れたとき、やすらぎやらいうもんが欲しいときはこの店に足が向いとる。この大将は人生の戦いでも大将よ。何にも言わんけどの、おいさんらをじぃっと見よる。この店は司令塔じゃ。あぁ、ちょっと酔いが回ってきたんかいのぅ。言わんでもええこと言うてしもた。

はじめに・・・・
焼鳥日本一宣言 今治ってどんな街
焼鳥屋比較/四国
焼鳥屋比較/全国
焼鳥の歴史 焼鳥の歴史/全国
焼鳥の歴史/今治
今治独自の焼鳥 鉄板焼鳥の謎
せんざんきって何だ?
焼鳥アンケート 今治の焼鳥スタイル
よく行く焼鳥店
焼鳥人気メニュー
いまばりの焼鳥屋 今治焼鳥屋リスト
焼鳥コラム サラリーマン生態学 男と女生態学 焼鳥作法  焼鳥屋七つ道具 商売繁昌策 OL生態学   大阪人語る 串道ここにあり   「皮」作り方 「せんざんき」作り方

「やきとり天国」マスコミ取材

「モンドえひめ」に戻る  「やきとり天国」トップに戻る