患者の権利に関するアメリカ病院協会の宣言(1972年)

1. 患者は、思いやりのある、丁寧なケアを受ける権利を有する。
2. 患者は、自分に関する診断・治療・予後について、完全な新しい情報を、自分の理解できる言葉で伝えられる権利がある。そのような情報を患者に伝えることが、医学的見地から適当でないと思われる時は、本人に変わる適当な人に伝えられねばならない。患者は、自分に対するケアを調節する責任を持つ医師がだれであるか、名前を知る権利を有する。
3. 患者は、医師が何らかの処置・治療をはじめる前に、インフォームドコンセントを与えるのに必要な情報を、医師から受ける権利を有する。緊急時を除いて、インフォームドコンセントに必要な情報は、少なくとも、特定な処置や治療、医学上の重大な危険、無能力状態が続くと予想される期間、などを含まねばならない。ケアや治療について、医学的に診て有意義な代替の方策がある場合、あるいは、患者が医学的に他の方法があるなら教えてほしいと言った場合、患者は、そのような情報を受け取る権利を持っている。また患者は、処置や治療について責任を有する人の名前を知る権利を有する。
4. 患者は、法がなす範囲で、治療を拒否する権利を持っている。またその場合、医学的にどういう結果になるかを、知らされる権利を有する。
5. 患者は自分の医療ケアに関連して、自己のプライバシーを守るより、あらゆる配慮を求める権利がある。(病院側の)症例検討や、専門医の意見を求める場合、検査や治療は、全て、秘密を守って慎重に行われなくてはならない。ケアに直接かかわるもの以外は、患者の許可なしに、その場に居合わせてはならない。
6. 患者は、自分のケアに関係する全ての連絡や記録について、秘密が守られていることを期待する権利を有する。
7. 患者は、病院がその能力の範囲内において、患者のサービスについての要求に答えることを期待する権利を有する。病院は、症例の緊急度に応じて、診療や、サービスや、他医への紹介などを行わなくてはならない。また転院が医学的に可能な場合でも、転院がなぜ必要か、転院しない場合どういう代案があるかについて、完全な情報と説明を受けた後でなければ、他施設へ移送してはならない。転院を頼まれた側の施設はひとまず受け入れなくてはならない。
8. 患者は、病院が自分のケアに関して、どんな保険医療施設や教育機関と関係を持っているかについて、情報を受けつる権利を有している。また患者は、自分を治療している人たちの間に、専門職として相互の関わりがあるか、情報を得る権利を有している。
9. 病院側が、ケアや治療に影響を与える人体実験を企てる意図がある場合、患者は、それを知らされる権利があるし、また、その種の研究プロジェクトに参加を拒否する権利を有している。
10. 患者は、ケアの合理的な継続を期待する権利を有する。また、患者は診療の予約時間は何時で、医師はだれで、診療がどこで行われるかを、予め知る権利を有する。さらに患者は、退院後の継続的ケアについて、医師またはその代理人から知らされる仕組みを、病院に期待する権利を揺する。
11. 患者は、どこが医療費を払うにしても、請求書を点検し、説明を受ける権利を有する。
12. 患者は、自分の、患者としての行動に適用される、病院の規定・規則について知る権利を有する。