患者の権利に関する世界医師会リスボン宣言
(1981年)


1. 患者は、自分の医師を、自由に選ぶ権利を有する。

2. 患者は、外部から何らの干渉を受けずに自由に、臨床的および倫理的判断を下すことのできる医師から、治療・看護を受ける権利を有する。

3. 患者は、医師から十分な説明を受けた後に、治療を受けるか、また拒否する権利を有する。

4. 患者は、自分の医師が、患者に関する医学的および個人的な機密(大事な秘密)を尊重するより、期待する権利を有する。

5. 患者は、尊厳を持って、死を迎える権利を有する。

6. 患者は、適当な、宗教の聖職者を含む精神的および道徳的慰めを受けるか、またはそれを断る権利を有する。