page. 1/5

 

    愛媛県バウンドテニス協会 規 

 

 

           第 1 章     総則

 

第1条  この協会は、愛媛県バウンドテニス協会という。(以下「本会」という)

 

第2条  本会の事務局は、新居浜市土地開発公社 用地課内に置く。

 

           第 2 章     目的と事業

 

第3条  本会は、バウンドテニスの健全な発展と普及に貢献し、会員相互の親睦と資質向上を図る。

 

第4条  本会は、前条の目的を達するために、次の事業を行う。

       1 バウンドテニスの知識と実技に関する普及活動

       2 指導員、審判員養成のための認定講習会の開催

       3 バウンドテニスの各種技術修得のための研修会の開催

       4 本会地域における親善大会および競技大会の開催

       5 機関誌、会報等の発行に関すること

       6 前号のほか、本会の事業目的の達成に必要な事業

 

           第 3 章     構成

 

第5条  本会は、日本バウンドテニス協会規約第2条及び第24条に基づき、愛媛県内に居住及び勤務する者を会員とする。又、本会の目的
       に賛同する者を以って組織する。

       2  愛媛県内の各地区に支部を置くことができる。

       3  本会の目的を達成するために必要な委員会を設けることができる。

       4  本会は、日本バウンドテニス協会(J.B.T.A)に加入するものとする。

       5  本会の会員は、次のとおりとする。

         1 個人会員

         2 支部協会会員

         3 クラブ会員

         4 賛助会員

 

第6条  本会の会員の資格は、次のとおりとする。

       1 個人会員

           指導員検定に合格し、公認指導員として登録を有する個人

           審判員検定に合格し、公認審判員として登録を有する個人

       2 支部協会会員

           別に定めた条件を満たす、県内3地区の支部

       3 クラブ会員

           市町村ごとの協会及びクラブ

       4 賛助会員

           毎年定額の金品の寄付あるいはこれと同額と認められた寄付によって、本会の事業を援助する個人又は団体

 

page. 2/5

第7条  会員になろうとする者は、所定の申込書を会長に提出し、承認を受けなければならない。

第8条  会員は、別に定めるところにより、入会金及び会費を納入しなければならない。

       2  特別の費用を必要なときは、役員会の決議を経て、臨時会費を徴収することができる。

       3  既納入会金及び会費は、いかなる理由があっても返還しない。

 

 

第9条  本会の目的に賛同して事業援助のために寄付金等の申し出があった場合は、会長の承認を得て受納するものとする。

 

第10条  会員は、次の事由によって、その資格を喪失する。

      1 退会したとき

      2 死亡、若しくは失踪宣告を受けたとき

      3 除名されたとき

      4 協会が解散したとき

 

第11条  会員が退会しようとするときは、理由を付して退会届を会長に提出しなければならない。

 

第12条  会員が次の一に該当するときは、役員会の決議を経て会長がこれを除名することができる。

      1 本会の名誉を傷つけ、又は本会の目的に違反する行為があったとき

      2 本会の会員としての義務を違反したとき

      3 会員を1年以上滞納したとき

 

           第 4 章     役員及び職員

 

第13条  本会に次の役員を置く。

      1 会長   1 名

      2 副会長   若干名

      3 理事長   1 名

      4 副理事長   2 名

      5 事務局長   1 名

      6 常任理事   若干名 (会計担当を含む)

      7 理事   若干名 (各地区選出を含む)

      8 監事   2 名

    2  必要に応じて顧問・名誉会長を置くことができる。

 

第14条  役員の選出は、次のとおりとする。

      1 会長及び副会長は、役員会で推薦する。

      2 理事長及び副理事長は、理事の互選による。

      3 理事及び監事は、役員会で選出する。

      4 事務局長は、会長が推薦し、理事会で選出する。

 

第15条  役員の任務は、次のとおりとする。

      1 会長は、本会を代表し、会務を統括する。

      2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故のあったときはこれを代行する。

      3 理事長は、本会を代表して、業務を執行する。

      4 副理事長は、理事長を補佐する。

      5 事務局長は、本会の事務を担当する。

      6 常任理事は、会務を担当する。

      7 理事は、会務を分担する。

      8 監事は、本会の会計を監査する。

 

page. 3/5

 

第16条  本会の役員の任期は、2年とし、再任は妨げない。

    2  補欠又は増員により選任された役員の任期は、前任者又は現任者の残任期間とする。

    3  役員は、任期期間後でも後任者が就任するまでは、なおその職務を行う。

 

第17条  役員は、次の各号の一に該当するときは、役員現数の3分の2以上の決議により役員を解任することができる。

     1 心身の故障のため、職務の執行にたえないと認められたとき

     2 職務上の義務違反、その他役員にふさわしくない行為が認められたとき

 

第18条  役員は、有給とすることができる。

     2  役員の報酬は、役員会の決議を経て、会長が認める。

 

第19条  本会の事務を処理するために必要な職員を置くことができる。

     2  職員は、役員会で決議して、会長が任免する。

     3  職員は、有給とすることができる。

 

           第 5 章     会議及び運営

 

第20条  本会に次の機関を置く。

     1 総会

     2 役員会

     3 常任理事会

 

第21条  総会は、本会の最高決議機関である。

     2  この総会は、第6条の会員を以って開催する。

     3  総会は、毎年4月に開催する。

       但し、必要に応じて会長が臨時に召集し開催することができる。

     4  総会は、会員数の2分の1以上の出席がなければ開くことができない。

       但し、委任状による出席を認める。

     5  総会における決議は、総会出席者の過半数の同意による。

 

第22条  総会は、次の事項を審議し、決定する。

     1 予算並びに決算の承認

     2 事業計画並びに事業報告の承認

     3 役員の承認

     4 本規約の改廃

     5 その他決議を要すること

 

第23条  役員会は、必要に応じて会長が召集し、次の事項を審査する。但し、役員現在数の3分の1以上から役員会の召集を請求されたときは
      、臨時役員会を召集しなければならない。

     1 本会の運営、規則に関すること

     2 諸計画に関すること

     3 役員選出に関すること

     4 予算並びに決算に関すること

     5 総会提出議題に関すること

   2  役員会の議長は、会長とする。

   3  役員会は、役員現在数の2分の1以上の者が出席しなければ開くことができない。

     但し、委任状による出席を認める。

   4  役員会の議決は、出席役員の過半数の同意による。

     但し、過半数同数のときは、議長の決するところによる。

 

 

page. 4/5

第24条  常任理事会は、本会の執行機関である。

    2  常任理事会は、理事長、副理事長、常任理事を以って開催する。

    3  常任理事会は、必要に応じて理事長が召集する。

    4  議長は、理事長とする。

 

           第 6 章     資産及び会計

 

第25条  本会の資産及び収入は、次のとおりとする。 

      1 入会金及び会費

      2 資産から生ずる収入

      3 助成金及び寄付金品等

      4 事業に伴う収入

      5 その他の収入

 

第26条  本会の入会金は、次のとおりとする。

     1 個人会員       1,000円

     2 支部協会会員      20,000円

     3 クラブ会員       3,000円

 

第27条  本会の会費は、次のとおりとする。

     1 指導者会員   年額  3,000円

     2 支部協会会員  年額 50,000円 (人数問わず)

     3 クラブ会員    年額 10,000円 (1〜 5人)

                  年額 20,000円 (6〜15人)

                  年額 30,000円 (16人以上)

 

第28条  会費の納入は、毎年4月末日までに完了するものとする。

 

第29条  本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日で終わる。

 

第30条  本会の収支決算は、理事長が作成し、監事の監査を経て、役員会及び総会に報告し、承認を得なければならない。

 

           第 7 章     義務

 

第31条  本会の会員は、本規約を遵守する義務を負うものとする。

 

           第 8 章     規約の改廃

 

第32条  本規約を改廃しようとするときは、総会の出席者の3分の2以上の賛同を得て、決定しなければならない。

 

           第 9 章     附則

 

第33条  この規約に定める以外の必要な事項は、常任理事会において定め、会長の承認を得るものとする。

    2  本会の規約は、平成元年5月27日(設立総会)より実施する。

    3  平成4年4月4日、旅費・謝金に関する規定を設置。

    4  平成6年4月1日、第2条及び第14条の一部改訂。

    5  平成8年4月5日、第6条・第21条及び第27条の一部改訂。

    6  平成11年4月1日、第27条の一部改訂。

    7  平成12年4月6日、第2条の一部改訂。

 

page. 5/5

 

* 愛媛県バウンドテニス協会 謝礼金 に関する規定 *

 

1 県協会主催(単独)の大会

   1 審判役員謝礼金は、1,000円(1日)    (選手兼任は不可)

   2 旅費は、原則として支給しない

   3 宿泊費は、原則として支給しない

    (但し、準備等で前泊を要する場合は、宿泊費実費のみ支給する)

 

2 県教委等主催で県協会の主管事業の大会

   1 審判役員謝礼金は、県大会の場合  2,000円(選手兼任は不可)

                 管内大会の場合 1,000円(   〃   )

   2 旅費は、原則として支給しない

   3 宿泊費は、原則として支給しない

 

3 日本協会等主催で、県協会の共催事業の大会

   1 審判役員謝礼金は、5,000円        (選手兼任は不可)

   2 旅費は、原則として支給しない

   3 宿泊費は、原則として支給しない

 

 

 

* 愛媛県バウンドテニス協会 旅費・宿泊費 に関する規定 *

 

1 大会等の打ち合せ会の旅費(宿泊費を含む)

   1 県内(松山)の場合        8,000円 以内

   2 四国管内の場合         15,000円 以内

        " (宿泊無しの場合)     8,000円 以内   

   3 西日本管内の場合        30,000円 以内

   4 中央(東京)の場合        50,000円 以内

        ”   (補助有りの場合)  30,000円

 

2 打ち合せ会等の懇親会費(食糧費)

   1 主催者側が規定する金額

     但し、10,000円以内とする。

   平成16年4月1日   一部改正(1−2  1−4)

 

 

 

* 愛媛県バウンドテニス協会 県外の大会参加に関する規定 *

                     (*愛媛県協会を経由することを原則とする)

1 旅費・宿泊費は、原則として自己負担とする

2 参加料は、原則として自己負担とする

3 大会当日の昼食代は、県協会が補助する

 

 

 

この規定は、平成4年4月4日から実施する


■13
  愛媛県バウンドテニス協会規約 

Copyright(C) 2005 EHIMEKEN BOUND TENNIS ASSOCIATION All rigths reserved