自作スピーカー・ギャラリー


8cm口径フルレンジ編 その2

「8cm口径フルレンジ編 その1」でも紹介した、フォステクスの限定ユニット
6N-FE88ES の使用を前提に、このサイトの読者の方からの要請を頂いて
設計したバックロードホーンを紹介。



BH-0804ES
この機種は、わたしの設計

 1999年5月13日に当サイトの「なんでも掲示板」に掲示した内容です。
   実際にこの機種を製作された読者の方から現在の状況と画像を頂きました。

  6N-FE88ES用の新作BH   投稿者:ひょせん(管理人)  投稿日:05月13日(木)22時54分11秒




このHPの読者の方に要望を頂いて、新規にFE88ES用に設計
したバックロードホーンです。実際の製作はその読者の方で、
たいへんに綺麗な仕上がりとなっています。
外観は長岡先生のD-37をイメージしていますが、内部はいわ
ゆるCW型ではなく、ホーンの構成は少し(?)変わっています。
10日程前に組上がったばかりで、音のほうはまだこなれてきて
はいないとのことです。さらにこれから塗装されるそうです。


        W = 240  H = 765  D = 360  (mm)



      設計図・板取り図をご覧になりたい方は、こちらから。




 1999年5月27日時点での状況です。

           キャビネットの塗装とホーン開口の処理

        

ウレタンニスにて塗装されたそうです。ホーン開口下部の階段状のスペース
はフェルト布で作った袋( 合計8個も必要です。)に砂利を詰めたものを置き
さらにその上をフェルト布で覆っています。ホーン開口からの余計な中高音の
漏れの吸収力もアップしそうですし、特にスピーカーの搬送時には便利なアイ
ディアですよね。                                    



背面の様子                        

   

     搬送しやすいように、背面には取っ手を付けてみました。


「8cm口径フルレンジ編 その3」
表紙にもどる