自作スピーカー・ギャラリー


16cm口径フルレンジ編 その3

わたしが知人にバックロード・ホーンなどの自作スピーカーを製作する場合、リス ニング・ルームの広さやアンプやプレーヤー等の
周辺機器との関係で16cmフルレンジをすることが多い。実際に多い6畳から 8畳間の広さでは20cmフルレンジを自由に
鳴らし込むことは容易ではないと思う。
このくらいの広さであれば16cmフルレンジであってもフルに鳴らしきることは難 しいだろうが、10cmや12cmフルレンジでは
よほどうまく鳴らさないと迫力不足ということになってしまうだろう。そこで、狭い部屋 での近接鑑賞で迫力と繊細さを両立させるには
16cmフルレンジが妥当ということになるのか?
わたしのリスニング・ルームも12畳で決して広いとは言えないのでメイン・スピー カーには16cmフルレンジを使っている。


BH−1606SS

この機種は、わたしの設計


前ページで紹介した現在のわたしのメイン・システムに使用しているバックロー
ド・ホーン BH−1605SS の改訂版。フォステクス 6N−FE168SS
売後、このユニット専用に設計したスピーカーである。

1605SSは21mm合板を使用して一部2枚重ねの厚肉で重量級のキャビ
ネットとしたが、かえってキャビネットが振動エネルギーを蓄積してしまい、音の
立ち上がりがいまいちのように感じた。
そこで、本機では15mm合板を使用し、一部二枚重ねの30mmとした。それでも
合板は計5枚使用しているし、ホーン開口下部に砂利を敷き込みユニット(4.4kg)
を取り付けると1本40kgは越える。6.5gの振動板に対して6000倍の質量比は
取れているので特に問題ないだろう。

実際に製作して聴いてみると、心配していた音の立ち上がりや繊細感は良く
なっているようだ。 BH−1605SSと比べ余分なエネルギーが少ないため音場の
透明度も上がっているようにきこえる。

現在このスピーカーはユーザー宅で、MOS−FETの出力段を持つ往年の超
ハイCPアンプ ソニー TA−F222ESJ ( 92年製 \49,800 )を多少手を入れ
た状態で貸し出して鳴らしている。
本来セパレート・アンプで鳴らすだけの実力を持ったスピーカーなのでアンプが役不足と
なってさぞ物足りない音になるかというとそんなことはなく、このアンプでも並みの
バイポーラ・トランジスタ出力段のアンプに比べれば格段の高音質で鳴ってくれている。
これも超強力ユニットのおかげなのだろう。ただし、エネルギー感はアンプの重量( 14kg )
相応になる。



    本体の大きさ  幅 360 X 高さ 1,090 X 奥行き 455 (mm)

          設計図・板取り図をご覧になりたい方は、こちらから。




別途、BH-1606SS を製作されたこのサイトの読者の方から画像を頂きました。        


FE168ES用には類似形状の BH-1609ES の図面を用意しています。

   

15ミリ厚サブロク合板 計5枚(2台分) 使用


本体の大きさ  幅 360 X 高さ 1,130 X 奥行き 400 (mm)

設計図・板取り図をご覧になりたい方は、こちらから。



BH−1601S

この機種は、わたしの設計


長岡 鉄男氏設計の、10cmフルレンジ FE106Σ を使った「スワン」を製作し
てから、すっかりこの形のバックロード・ホーンが気に入ってしまった。

その「スワン」のあと、長岡 鉄男氏設計で D−161「レア」という機種が発表
されたが使用されたユニットは テクニクス EAS−16F20。当時出回ってい
た16cmフルレンジの中ではエネルギーは随一だったが繊細感はいまいち。
そこで当時のフォステクスのΣシリーズの一員だったがエネルギー感いまいち
FE166Σ を使用して高品位の16cm版「スワン」を作ろうと思い立った。

このユニットはそのままではバックロード・ホーンに使用するにはおとなしいの
で、直径100mm厚さ15mmのキャンセリング・マグネットを2枚重ねで使用し
磁束密度を上げる。キャビネットも新規に設計した。

音は素直で、このタイプのバックロード・ホーンの特徴でアンプの違いが良く出
る。ユーザーがアンプを交換したときにもがらりと音が変わってしまった。低音
はかなり下まで伸びているため、ユニットのエージングにともないハイ落ちにき
こえてきた。そこで現在はスーパー・ツイーターに フォステクス FT90H を追
加して鳴らしている。
また後面開口タイプのため実際の床占有面積はかなり必要。広い部屋でのび
のびと鳴らしたいスピーカーだ。


    本体の大きさ  幅 440 X 高さ 1,025 X 奥行き 425 (mm)



近年の限定ユニット FE163En-SFE166ES-R、現行のレギュラー・ユニット FE168EΣ に適した改良型。
BH-1626E

   

15ミリ厚サブロク合板 計3.5枚(2台分) 使用

FE166En も使用可能 (キャンセリング・マグネットで強化)



本体の大きさ  幅 410 X 高さ 1,125 X 奥行き 400 (mm)

設計図・板取り図をご覧になりたい方は、こちらから。


「16cm口径フルレンジ編 その4」
表紙にもどる

無料アクセスカウンター