FAQ(常時接続に関すること)

常時接続に関してよくある質問と回答

 常時接続に関してよくある質問と回答を掲載しています。
 以下のリストから選んでください。


Q常時接続への対応について教えてください。
Q現在のところ、次の各サービスに対応しています。
■NTTの地域IP網を使用したサービス(サービス提供区域は愛媛県内のみです。)
・フレッツ・ISDN
・フレッツ・ADSL(全てのプラン)
・Bフレッツ(ファミリー100/マンション)
・フレッツ光プレミアム(ファミリー/マンション)
・フレッツ光ネクスト(ファミリー/マンション/ハイスピード/スーパーハイスピード隼)
QグローバルIPアドレス(固定)とはどういう意味ですか?
Q当ネットでは、フレッツ系(フレッツ光ネクストは除く)のサービスは、インターネットに直接接続された環境(グローバルな環境)で、常時接続でご利用になれる、専用線接続に準じたサービスとしてご提供します。固定のIPアドレスでは、一度回線を切断しても、再接続したとき、同じIPアドレスが割り当てられます。IPアドレスはお申し込みの際に通知しますが、通常のご利用では設定に関係することはありません。※フレッツ光ネクストの場合は基本「動的IP」ですので接続ごとに変動します
ただし、当ネットは永久にIPアドレスが変わらないことを保証するわけではありません。今後のインターネット環境の変化によって、お客様に割り当てられているIPアドレスが変更になることもあります。IPアドレスが変更になるときは、事前にお知らせします。
Qホスト名はどのようになりますか?
Qフレッツ系のサービスをご利用の場合は、ココをクリックして表示されるホスト名になります。なお、IPアドレスが変更になったときは、ホスト名が変わります。
Q固定IPアドレスのメリットは何ですか?
QSOHOなどの形態では、サーバ側でIPアドレスでフィルタリングするなどの運用形態がとれます。またIPアドレスを使ったネットサービスでは、利用の都度、IPアドレスを設定し直す必要がありません。
Q複数のパソコンを同時にインターネットに接続できますか?
QNATに対応したルータを使用すれば、複数のパソコンが接続されたLANをインターネットに接続できます。ルータのNAT対応の有無やフレッツでの利用の可否については、販売店やメーカーにご相談ください。
Qセキュリティで気をつけることは?
Q通常のダイヤルアップ接続に比べると、セキュリティ面での注意が必要になります。セキュリティを向上させるには、パソコンを直接回線に接続せずに、ルータを経由して接続するなどの方法をお奨めします。
Qサーバを自営してもいいですか?
Q当ネットではフレッツ系サービスのご利用について、特に制限は設けておりません。なお、サーバの運営などにつきましては、全てお客様の責任で行っていただき、当ネットでのサポートはございません。なお、好ましくないご使用があった場合は、 フレッツ系サービスのご利用を中止していただくことがありますので、ご了承ください。
サーバを自営される場合は、セキュリティについて十分ご配慮ください。
Q複数のIPアドレスの使用はできませんか?
Qフレッツ系のサービスでは、割り当てるIPアドレスは1個限定です。複数個のIPアドレスが必要な場合は、専用線IP接続サービスのご利用となりますが、現在このサービスは休止しております。
なお、IPアドレスが1個でもマルチNAT対応ルータを使用して、下図のように複数のパソコンやサーバを接続することは可能です。
NAT図
※サーバの運用は、ドメインサービス・ライトによる独自ドメイン名での運用をお勧めします。
※マルチNAT対応ルータに関しては、ネットワーク機器取り扱い店や、メーカーにお問い合わせください。
フレッツ光ネクストの場合は基本「動的IP」でが、ご希望がございましたら「固定IP」をお選びいただけます。
Qドメイン名を取得しているとき、そのドメイン名を使用できますか?
Qドメインサービス・ライトかバーチャルドメインサービスをご利用ください。
Q接続方法の変更はスムーズにできますか?
Q
  • フレッツ系から別のフレッツ系への変更の場合
    フレッツISDNからフレッツADSLへ変更されるなど、ご利用中のフレッツ系接続から別のフレッツ系接続サービスへ変更される場合、パソコンの回線への接続方法が異なります。この為、接続機器の変更や設定の変更が必要になります。また、当ネットではフレッツISDN、ADSL、Bフレッツ(光プレミアム含む)、光ネクストで割り当てるIPアドレスが異なっており、接続方法変更と同時に割り当てIPアドレスも変更になります。
上記のような点を除けばスムーズに移行できると思われます。
QADSLのサービスについて教えてください。
Q NTTのフレッツ・ADSLに対応したサービスを実施しています。
ADSLでは、アナログ電話回線を使用しますので、ISDN回線ではご利用になれません。ADSLは、音声通話とは違った帯域を使用しますので、インターネット接続中でも電話やFAXのご使用が可能です。
・フレッツ・ADSLについては、NTT西日本のホームページ(http://www.ntt-west.co.jp/)をご覧ください。
Qフレッツシリーズ(ISDN、ADSL、光)回線で突然接続できなくなりました。
Q 回線工事やNTT局設備の故障などが発生した場合、一時的に回線が切断されますが、復旧した後も接続できないままの状態になることがあります。
このような場合は、TA、モデム、ルーター、パソコンなどのインターネット関連の機器の電源スイッチを全部切って、再度入れなおしてください(短時間のオンオフでは効果が無いことがありますので、電源オフ状態で数分放置してください)。電源スイッチを入れるときは、パソコンの電源スイッチは一番最後に入れてください。
ほとんどの場合、この操作で接続が回復します。
特に、工事は深夜に行われる場合が多いのと、モデムやルーターの電源は入れっぱなしの場合が多いため、このような場合、突然接続できなくなったという感じを受けますが、上記の電源操作でほとんどの場合、接続が回復します。

それでも効果が無い場合、接続設定の再設定や、回線の状況・機器類の故障の有無・ご契約状況のご確認などをお試しください。
※フレッツシリーズで接続されている場合、回線や機器類に関しましてはNTT西日本へお問い合わせください
Q 接続回線を変更したい。
Q フレッツシリーズの接続回線種別の変更手続きは、以下の場合に必要です。
フレッツISDN ←→ フレッツADSL
フレッツISDN/ADSL ←→ フレッツ光シリーズ(※この場合料金変更あり)
フレッツ光シリーズの品目変更(例:光プレミアム→光ネクスト)

フレッツ光シリーズをご利用予定の場合は、当社が対応している品目かどうか必ず事前にご確認ください。当社非対応のもので開通された場合、以後インターネット接続ができなくなります。
当社対応の品目は下記ページからご確認ください。
●フレッツオプション
 http://www.dokidoki.ne.jp/service/option/flets.html
お手続きは、新回線の開通日が決定しましたら、上記ページ下部にあるフォームか、お電話にてご連絡ください。
Q プロバイダはdokidokiなのに、グローバルの割り当てIPアドレスがdokidokiのものではないのですが、これは正しいのでしょうか?
Q 接続回線がフレッツ光ネクスト(ハイスピード、隼等)の場合、割り当てIPアドレスは基本「動的IP」となり、odnのグローバルIPアドレスが割り当てられます。
ダイヤルアップ接続の場合も同様にodnのIPアドレスが割り当てられます。