かじゅくんのフェラーリ生活

かじゅくんのフェラーリ生活

 

 

 

 

 

 

MENU


  テスタロッサ関係


 ■ テスタロッサ購入記

 ■ 私のテスタロッサ

 ■ 私のテスタロッサ(画像)

 ■ 私のテスタロッサ(動画)

 ■ テスタロッサを選んだ理由

 ■ テスタロッサに乗る前に

 ■ テスタロッサの乗り方

 ■ テスタロッサの乗り心地

 ■ テスタロッサの洗車

 ■ 修理・メンテナンス記録

 ■ 維持費

 ■ オーナーズマニュアル

 ■ オフ・ミーティング

 ■ テスタに乗ってみよう


  フェラーリ関係


 ■ 良いフェラーリを選ぶには

 ■ 簡単フェラーリ入門

 ■ フェラーリ写真集

 ■ フェラーリの動画

 ■ フェラーリネットワーク

 ■ フェラーリ取扱ディーラー

 ■ フェラーリニュース

 ■ フェラーリ関係書籍

 ■ フェラーリ関係DVD


  自動車関係


 ■ 好きな自動車ランキング

 ■ 愛媛輸入車ショー他画像

 ■ 自動車保険は安くなる!


  その他


 ■ かじゅくんの独り言

 ■ 借入金返済への道

 ■ マイ・ミニカー

 ■ プライバシー・ポリシー


 フェラーリ関連グッズのストア


 ■ フェラーリのミニカー

 ■ フェラーリのグッズ


  かじゅくんが運営するサイト


フォルクスワーゲン生活

かじゅくんのフォルクスワーゲン生活

テスタロッサ・GTIのブログ

フェラーリ・テスタロッサとGTIの飼い方


 ■ かんたん相互リンク集


 

 

 

 

 


   テスタロッサ購入記


第1章 良いフェラーリを探す


 フェラーリに乗るということは、スーパーカー世代の私にとって、長年あこがれ続けてきた夢でした。 もう10年前になりますが、ネットを見ていて、フェラーリ中古車の価格が下がっていることに気付きました!!。もちろん走行距離や整備状態にもよると思いますが、500万を切るものも結構あったのです。ひょっとしたら安月給サラリーマンの、しかも愛媛に住む私でも買えるかもしれない!。それからは毎日ネット上でフェラーリの中古車価格をチェックしながら、いつしかどの車種にしようかと悩んでいる私がいました。

 最初は価格優先で348tbに的を絞っていたのですが、やはりテスタロッサ!あの流れるようなフォルムと後ろ姿、そしてV12エンジンはとても魅力的で した。そこで最終目標を次のように設定 しました。  

価格 600万〜800万
車名 フェラーリ・テスタロッサ
年式 89年以降の後期型
走行距離 10000km〜20000km
外装 ロッソコルサ
内装 黒レザー
できればフルノーマル車


 それからというもの、HPや輸入車情報を見ながら研究に次ぐ研究を重ねたのです。研究していく過程では、何度か、運転しやすく壊れにくいと言われるF355に傾きかけましたが、価格が高いのと、テスタロッサのあのスタイルにはそれを凌駕してあまりある魅力があるのとで、やはりテスタ一本で行くことにし ました。

 まずネットの車検索サイト(ガリバーの中古車販売 カーセンサーnet車選びドットコムなど)にて自分の条件にあったフェラーリ中古車を探 ました。なにしろ私の希望するテスタロッサは、1984年から1991年 にかけて約8000台生産されており、それだけに状態もピンからキリまで、むしろ悪いものの方が多いくらいなので、リサーチには十分に時間をかけました。 探すポイントとしては、やはり新しいに越したことはないので、私は年式にこだわって探しました。少しでも状態の良いものを購入しなければ、ものがものだけに後々高くついてしまいます。

 いいものがみつかれば、すぐに電話をするか、ネット見積もりをしてもらいましょう。通常の表示価格はたいてい諸費用(消費税・自動車取得における税金・名義変更に伴う手数料・輸送費・整備費等)を含んでいない価格が表示されています。 資金の借り入れ計画にも大きく影響を及ぼすことになるので、必ず全部でいくらになるのかを見積もってもらいましょう。ネット見積もりは無料です。どんどん見積もってもらいましょう。そしてできれば自分で現車確認に行きましょう。良いフェラーリを買うことを考えたら、遠くても移動の旅費など経費と思わなければなりません。ちなみに見積書は銀行のローン審査を受けるときにも必要です。 

 

 

 

 

 

 そして、第1候補の販売店に電話をかけました。静岡にある販売店だったのですが、社長の電話での対応が良かったので話を進めることにし ました。早速その週の土曜日に伺い、詳細を聞いてみると、なんと91’テスタロッサだと言うではないですか!。しかも750万円予算内!!。走行わずか6000km!!!。現車を見ることができなくて残念でしたが、代わりに88’センターロック最終型のテスタに乗せてもらいました!。この車自体の調子はあまり良くなかったのですが、それにしてもいつまで見ても見飽きることがない車体!。これは決めるしかないと思い、その日のうちにサインして愛媛に帰りました。

 フェラーリの購入で悩んでおられる方は、当サイトの良いフェラーリを選ぶにはのページも参考にしてみてください。

 


第2章 購入資金の借り入れ 


 フェラーリを探すのと平行して、資金をどうするかという問題も解決していかなければなりません。まず最初に、少しでも購入時の足しにと思い現在乗っている車を買い取ってもらいました。4輪駆動の軽自動車に乗っていたのですが、大事にのっていたので、走行距離10万キロを超えて いたにもかかわらず、ネットの無料買取査定(あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定 車買取比較.com 愛車を売りたい方!オートックワンの無料査定で売値check! )で何とか8万円近くで売ることができました。

 次に借り入れです。私の場合はまず銀行で500万円上限まで自動車ローンを組みました。7年返済の月37000円、ボーナス月200000円です。そして「アプラス」より自動車ローン350万円借り入れ、こちらは5年返済の月47000円ボーナス月100000円です。ローン返済だけで毎月84000円、ボーナス月は300000円かかることになりますが、 5年間この生活を続けて、とうとうアプラスのオートローンは2008年2月に完済しました。 そして、2010年2月に銀行のオートローンを完済しました。

 結構やればできるものです 。でもさすがに厳しいです。良いことと言えば今まで他のことに無駄遣いをしていたのが、全くしなくなったという点でしょうか。さすがに月々これだけ払うとなると・・・、そのうえガレージ代に保険料に・・・(汗まみれ) 。

 これらのことは維持費修理メンテナンスのページもご参照ください。

 

 


第3章 いよいよ購入、しかしその前に!


 購入を決意してから2ヶ月、近くのガレージの契約も済み、いよいよ 購入。その前に大事なことを忘れていました。自動車保険です。昔はフェラーリはなかなか保険に入れなかったそうですが、今はだいたいどこの保険会社でも入れるみたいです。とにかく保険だけはしっかり入っておかなければ なりません!。それも自損事故でも保障してくれる車両保険に入っておく必要があります。私は現在フェラーリとGTI2台一緒に一つの車両保険に入っていて、年間30万円近く払っていますが、これまでこの保険に入っていたおかげで、幾多の危機的状況を乗り切ってきました。参考事例ページ

 保険についても数社から見積もりをとって比較できるサイト(比較.comの自動車保険一括見積もり! 保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求! )がありますので利用するとどこがいいのかよくわかります。 

 

 そして数日後、ようやく私のテスタに対面することとなりました。

 ひとめ見るなり、大変綺麗なテスタだったのでびっくりしました。ただ、欲を言うならば下回りが赤ならばなお良かったのですが、テスタのオリジナルの下回りは黒なのでよしとしました。それにこれだけ状態がいいのにそんなことを行ってはいられ ません。この日は天気が大変悪かったのが残念でした。昼からは確実に雨が降るとのことだったので、社長に手続きを早めにしてもらうようお願いし ました。さあ、そしていよいよ念願のテスタに乗り込み愛媛へと出発したのです。

 最初は左ハンドルにかなり緊張しての走行だったのですが、高速に入ってからはその加速が心地よく、名古屋までは12気筒サウンドを十分に堪能することができ ました。しかし、名古屋をすぎてとうとう雨が降り始めました。予想していたこととはいえ、ついてない・・・・。 もうこうなったらやけくそですわ!!!。それから岡山まではただひたすら雨の中を突っ走りました。10時〜3時までの5時間、休むことなく運転していたので、瀬戸大橋手前のSAでかなり遅い昼食をとりました。テスタを見ながらの食事は何とも気持ちいい。 これがフェラリスタの贅沢というやつかと思いながら、つかの間の幸せを満喫していたら、またもや雨が降り出したので、急いで瀬戸大橋を渡って、やっと四国上陸。ここまでの走行距離なんと500km!。高速走行がほとんどだったためか、思ったほどガソリンは減っておらず、燃費を計算してみるとなんとリッター8!!。ほんとかよと思いながらも愛媛に帰り着いた頃には6時をすぎており、 暗闇での初めての車庫入れはまさに地獄でした・・・・・。


 翌日の日曜日はよく晴れていたので、1日中テスタで街を走り回り、やりたい放題したのは言うまでもありません。

 乗ってみての感想は、まず思っていたよりドライビングポジションがとりやすかったということ。クラッチはかなり硬かった のですが、これは予想していたので それほどストレスを感じませんでした。シフトチェンジも、しっかりとクラッチを踏み込みさえすればなんの問題もありません。


第4章 念願のフェラーリ生活始まる!! 


 こうして私のフェラーリ生活が始まったわけですが、購入しても安心してはいられません。必ず2年に1度は車検がやってきます。一応購入してすぐに愛媛のアルファモータースに持って行き、70万円近くかけて最初の総点検をしてもらいました。なぜ70万円もあったかというと、テスタロッサの価格が750万円、私が借り入れた資金が合計850万円つまり初期整備のことを考えて100万円多く借り入れていたのです。買ってすぐ動作不良を起こしたがお金がないでは泣くに泣けません 。基本的に整備のことも考えた借り入れ計画を立てることが大切だと思います。すぐに整備をしておけば車検にかかる費用も結構抑えられるはずです。 その証拠に昨年の私のフェラーリの車検代はなんと総額20万円!!普通フェラーリではあり得ない平和的な額に納まったのです。  これらのことについては維持費修理メンテナンスのページもご参照ください。

 


第5章 そして戦いは続く・・・。


 念願のフェラーリ生活がスタートしました。これからの目標ですが、やっと地道にローン を返済し、 車本体のローンについては返済し終わったので、今度は次のステップに移りたいと思っています。最近512TRの価格が下がり傾向なので、テスタロッサを元手に512TRに移行 したいという思いはいまだにあります。しかし、ここまでテスタのことを理解し、共に歩んできたわけですので、自分のテスタには何が起こっても対応できるという安心感があります。なのでここまで築いてきた今の状況に満足していることも事実です。

 なので、今後はテスタロッサをいい状態で維持しつつ、なおかつ資金に余裕が出てくるようであれば、それを入れるための器、すなわち「ガレージハウス」を作るとこを目標にがんばっていきたいと思っています。

 つまり、コンセプトは 

「フェラーリ生活」から「ガレージ生活」へ 

ということになるでしょうか。そのためにも常にテスタのベストコンディションを保ち続けることが必須条件です。いずれ、ガレージハウスの建設に至るまでの過程と作った後の生活をこのサイトでお知らせできる日が来ることを夢見て頑張ります。

 

毎日家の中でフェラーリ見ながら生活できれば、すばらしい・・・。

 

このページのトップに戻る

 


 

Copyright (C) 2004 [かじゅくんのフェラーリ生活] All rights reserved. 最終更新日 : 07/02/16アクセスランキング

 

Last up date 2016/07/02